新年明けましておめでとうございます

皆様、戌年新年、明けましておめでとうございます。
本年も皆様からのご指導、ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

名古屋では初日の出を拝むことができました。気温は
摂氏二度でした。初日の出を浴びて、ジョギングやウォー
キングを楽しむ老若男女が大勢いらっしゃいました。
健康で何よりです。

年末年始に、『未来の年表』という新書を読みました。データ、
事実をもとにした日本の未来社会の推測です。いきなり、若者が
出生して社会で活躍するわけではないので、確実に起きることが
述べられていました。思いもよらないことがあるものだと、凡人の
小生にとっては衝撃的でした。以下のくだりがありました。

少子高齢化や人口減少というのは、太陽が昇っては沈んで
いくのを観察するようなものなのだ。昨日と今日、今日と明日
とを比べてみたところで違いは分からない。だが、5年、10年
といった単位で比べれば明らかに高齢者は増え、出生数は
少なくなっている。

2016年の年間出生数は97万6,972人にとどまり、初めて100
万人の大台を割ったそうです。2017年のそれも100万人を
切ったという報道がありました。

静かなる有事、と著者は名づけています。日本の労働力人口は
今後十数年で1000万人近くも少なくなると見込まれているそうです。
2015年の国勢調査で、人口減少が実際に確認されています。
採用難が叫ばれて久しいですが、絶対数が減っていく以上、単に
募集すれば何とかなるというような時代ではなくなっていくような気が
します。明日直ちに困る、というわけでもないので、対策は先送りに
なりがちです。

先送りをなるべく少なくして付加価値を生むような活動を心がけ、
健康で穏やかな、そんな一年にしたいと思います。

交流会。

先日、ある外国人留学生とその国への進出企業との交流会に
出かけてきました。留学生、企業合わせて100名以上が来場し、
企業説明、質疑応答がなされ、最後に懇親会がありました。
企業側からは、日本人学生の求人難という事情もあってか、
熱心な説明がありました。留学生側からは、語学力を気にする
向きはありました。弊社の経験では、語学力は後からついてくる
ような気がします。言葉が通じても(通じたようでも?)結果が思う
にまかせないことがあります。一方で、言葉は通じなくとも、意図を
理解し良い結果が出ることがあります。参加した企業数社からも、
語学よりも、今、勉強していることをしっかり身につけてほしい、と
いうお話がありました。おそらく、同じような経験があるのでしょう。
その他、インターンシップの話もありました。教授が学生に就職先を
紹介する、(押し込む?!)ことが必ずしも主流とは言えない時代の
ようです。いろいろな方と率直にお話ができて、勉強になりました。

Galaxy S8

携帯の機種変更をしました。Galaxy S8です。
実際に手に持って実感したことは、スマートフォンはより薄く、より軽くなっており、
技術は日々進化しているのだと感心しました。
スマートフォンが薄くなるにつれて、中に実装される電装パーツ類も、薄く、低く、を要求されます。
相当な技術が積まれていますね。
因みに弊社製品も、このGalaxyに使用されております。

Let’s エコアクション in AICHIとSDGs

2017年11月18日、19日に開催された標題の行事に出かけました。
参加した一部の企業が、SDGsを訴えていました。小生、恥ずかし
ながら、この行事に出かけて、初めてSDGsを知りました。
弊社では、品質方針、環境方針を定めています。
弊社が、今すぐSDGsのすべての項目に大きく貢献できることはない
かもしれませんが、社会の一員として、また、品質方針、環境方針を
通じて、貢献していきます。

SDGs
http://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/

SDGsのロゴ
http://www.unic.or.jp/files/sdg_logo_ja.pdf

インフルエンザの薬が不足しているそうです。

インフルエンザが流行する季節になりました。
私が接種した医師の説明では今年は薬の量が不足していて
子供の予防接種も1回目までは確保出来ても、2回目分まで確保が出来ない処もあるそうです。
会社からも予防注射を勧められています。
尚、弊社は福利厚生の一環として、社員のインフルエンザの予防接種費用は、
会社が負担しております。
早めの予防接種を行いましょう。

クラッシックカーフェスティバルのお手伝いをしました。

1920年代に生産された自動車を筆頭に、数十台が集結しました。
好天に恵まれ、大勢の来場者がありました。ほとんど現役です。
会場まで公道を快走しておいでになりました。1968年から1972年に
かけて生産され、一世を風靡したハコスカが何台か来ていました。
フェスティバル後、近くの自動車販売店にハコスカが販売されてい
ました。ほぼ原形をとどめたものは、1,200万円という値札がついて
いました。もはや資産ですね。現在の環境規制とか燃費とかを考え
ますと、時代にそぐわないのしょうけれども、歴史を辿ることで、
改めて、今、ここ、を感じることができたような気がしました。(○さ)

お客様の感謝祭にて。

お客様の感謝祭に参加しました。(写真:大盛況の会場です。)

天候にも恵まれ、多くの関係者がおいでになりました。
冒頭に事業内容の説明がありまして、お堅いお話ばかりでは
なく、音楽演奏、郷土芸能、災害擬似体験、職員が栽培なさった
農産物の即売会など嗜好が凝らしてあり、満喫しました。

バンド演奏、ダンス、和太鼓演奏など、趣向を凝らしたプログラムで
会場は大いに盛り上がっていました。
さらに模擬店が並び、社員の皆様が手作りされた、料理などがふるまわれ、
こちらも大賑いでした。
当日の進行はさることながら、準備、後片付けに真摯な様子が
伝わりました。明るい雰囲気も手伝って、日頃厳しいご指導のある
関係者の皆様との懇談に話が弾みました。へぇーそうなんだ、
という発見がいくつかあって勉強になりました。